<PR>留学保険、価格比較に迷ったら!ずばりこれ!?  <PR>ワーキングホリデー保険・ワーホリ保険選びはここ。
本当にあった「怖い」、高額「治療救援費用」支払の話。


留学保険・ワーキングホリデー保険・旅行保険など、海外保険を検討・比較するにおいて
最も大切な項目は、「治療・救援費用」の項目です。

怖い以下にある事故例は、実際に近年に起こった事故での治療費や救援費用の保険金のお支払い事例です。
普通の“風邪“程度であれば、かかる治療費は1万円前後〜数万円程度で診察料と薬代程度で済みますが、
大きな事故となるとかかる医療費・家族の駆付け費用・医療搬送費用の合計額には驚かされます。
タイプを保険料だけで検討するのではなく、十分に補償の内容を理解し、そして限度額の設定をご検討するべきでしょう。

「治療救援費用:100万円」など、補償限度額が低すぎるのは大問題です。



160万円

カナダで、急な腹痛に襲われ受診。盲腸と診断され入院・手術。治療救援費用 約160万円


880万円

カナダにて足の痛みと腫れで受診。化膿性関節炎と診断され入院。家族が駆けつけ、看護師付き添い医療搬送。治療救援費用 約880万円


1200万円

オーストラリアで、学校のアクティビティ中に木の上から落ちて、背骨を骨折。ICUに入院。家族が駆けつける。
治療救援費用 約1,200万円


1200万円

イタリアで、スキー中転倒し大腿骨骨折。現地で入院後、ストレッチャーで帰国搬送となる。家族が駆けつける。
治療救援費用 約1,200万円


1500万円

アメリカで、乗っていたバスが横転。複数肋骨骨折・鎖骨骨折。治療費と帰国航空券代(エコノミー)。 治療救援費用
約1,500万






500万円

カナダで、スノーボードで転倒して骨折。入院・手術。 家族が駆けつける。看護師が付き添い医療搬送。
治療救援費用 約500万円


800万円

カナダで、冬の凍った路面で転倒、大腿骨頸部を骨折。 入院・手術。家族が駆けつける。医師・看護師が付き添い医療搬送。治療救援費用 約800万円


1100万円

カナダで、急な腹痛で受診。腸閉塞と診断され入院。家族が駆けつける。医師・看護師が付き添い医療搬送。
治療救援費用 約1,100万円


1300万円

オーストラリアで、交通事故1ヶ月入院。医師・看護師が付き添い医療搬送。
治療救援費用 約1,300万円


2700万円

ハワイ ワイキキのビーチで溺れ意識不明。ICU入院。
治療費 約2,700万円

<PR>
ワーキングホリデーの保険。タイプ選びに迷ったら!
<PR>
留学保険の知恵袋。わかりやすく開設。


○ケガや病気の程度によるが、非常に高額な治療費がかかる。

怖いその他の実際の保険金支払例。
・カップラーメンを膝の上にこぼして火傷→約3万5千円
・肺炎で入院→約360万円
・スキーで大腿骨を骨折→約400万円
・ローラースケートで転倒し、硬膜外出血→約870万円
・アクティビティー中に木から落ちて、背骨を骨折→約1200万円
・脳溢血で倒れて入院。→約3300万円

怖い
集中治療室に入れば、一晩で100万円前後の費用がかかることもざらです。また、手術代、薬代、救急車の搬送費用など諸々の費用を考えると高額になることも多々あります。
風邪やちょっとしたケガでの数万円・・・であれば、痛い出費とは言えども自分のお金で支払うことができますが、高額な医療費となれば簡単に自分で用意することができません。
そんな高額な医療費の出費に備えて・・・海外保険を検討しなくてはならない、海外保険は必要ということになります。


怖い○一番怖いのは、治療を断られることも・・・。

現実のお話としては、最も怖いのは・・・
人々の命を救い、病気怪我を治療してくれる病院・・・といえども、無償では治療をしてくれない。治療費の請求・回収に関しては日本よりも厳しいのが現実だ。
「保険に加入していない=高額な治療費を払える見込みが無い」ということで病院から治療を断られるケースもありえますので、十分に注意が必要です。


この画面を閉じる






<PR>三井住友海上の留学保険。海外保険。<PR>格安保険、海外保険の比較に。東京海上の留学保険
<PR>三井住友海上の海外旅行保険

copy right 2010 r-hoken.com 無断複製・無断転載を禁じます。